日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



レジストリ・サーバを制御します。

SYSPRV 特権が必要です。


形式

SET SERVER REGISTRY_SERVER


説明

SET SERVER REGISTRY_SERVER コマンドは,システム管理者にレジストリ・サーバの起動,停止,および再起動を行うための手段を提供します。レジストリ・サーバは,レジストリ・データベースに格納されている情報を保守しています。

レジストリ・データベースは,COM,Advanced Server for OpenVMS,およびその他のアプリケーションによって使用されます。

レジストリ・データベースと $REGISTRY システム・サービスの詳細については,『OpenVMS System Services Reference Manual』を参照してください。また,SHOW SERVER コマンドの項も参照してください。


修飾子



/ABORT

クラスタ内の指定された 1 つまたは複数のノード上のレジストリ・サーバを強制終了します。

/EXIT,/RESTART,または /START 修飾子とともに指定することはできません。

/CLUSTER

クラスタ内の個々のレジストリ・サーバに対して SET コマンドを発行し,レジストリ・マスタ・サーバを最後に設定します。

/MASTER または /NODE 修飾子とともに指定することはできません。

/EXIT

クラスタ内の指定された 1 つまたは複数のノード上のレジストリ・サーバを停止します。

/ABORT,/RESTART,または /START 修飾子とともに指定することはできません。

/LOG

/NOLOG (省略時の設定)

現在のレジストリ・サーバ・ログ・ファイルをクローズし,新しいファイルを作成します。

/MASTER

SYSLCK 特権が必要です。

コマンドをレジストリ・マスタ・サーバに対してのみ発行します。

/CLUSTER,/NODE,または /START 修飾子とともに指定することはできません。

/NODE=(ノード名[,...])

SET コマンドを,指定されたノード上のレジストリ・サーバに対し,入力された順序で発行します。ノード名は現在のクラスタ内に存在していなければなりません。

/CLUSTER または /MASTER 修飾子とともに指定することはできません。

/RESTART

クラスタ内の指定された 1 つまたは複数のノード上のレジストリ・サーバを再起動します。

/ABORT,/EXIT,または /START 修飾子とともに指定することはできません。

/START

/START は,/ABORT,/EXIT,または /RESTART 修飾子とともに指定することはできません。

サーバ・プロセスを起動します。以下の操作が可能です。

省略時の特権を変更する:

/PRIVILEGES=(privilege[,...]) 

省略時の UIC を変更する:

/UIC=uic

省略時のクォータを変更する:

/AST_LIMIT=n
/BUFFER_LIMIT=n
/ENQUEUE_LIMIT=n
/EXTENT=n
/FILE_LIMIT=n
/IO_BUFFERED=n
/IO_DIRECT=n
/JOB_TABLE_QUOTA=n
/MAXIMUM_WORKING_SET=n
/PAGE_FILE=n
/QUEUE_LIMIT=n
/SUBPROCESS_LIMIT=n
/WORKING_SET=n

次の代替構文を使用してクォータとそれらの値のリストを指定することができます。

/QUOTAS=(quota=n[,...]) 

quota は,PQL 形式のクォータ名です (ASTLM,BIOLM など)。

PQL 形式のクォータ名と説明のリストについては,『OpenVMS System Services Reference Manual』の「$CREPRC システム・サービス」を参照してください。

イメージ・ダンプの設定を変更するには,次の修飾子を使用します。

/DUMP 
/NODUMP (省略時の設定) 

プロセスの異常終了の際に強制的にプロセス・ダンプを行います。ダンプは,イメージ・ファイル名と .DMP 拡張子を使用して, SYS$MANAGER: に書き込まれます。


#1
$ SET SERVER REGISTRY_SERVER/RESTART/MASTER

このコマンドは,マスタ・サーバ上の独立したレジストリ・サーバを再起動します。

#2
$ SET SERVER REGISTRY_SERVER/LOG/CLUSTER

このコマンドは,現在のログ・ファイルをクローズし,クラスタ内のすべてのシステム上で新しいファイルをオープンします。

#3
$ SET SERVER REGISTRY_SERVER/EXIT/NODE=(KAKADU,CAIRNS)

このコマンドは,ノード KAKADU および CAIRNS 上の独立したレジストリ・サーバ・プロセスを停止します。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項