日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



直後のファイル操作用の磁気テープ・デバイスに関連した,省略時の属性を定義します。

SET MAGTAPE コマンドは,外部のボリュームにマウントされた磁気テープ・デバイスに対して有効です。


形式

SET MAGTAPE デバイス名[:]


パラメータ



デバイス名[:]

属性を定義する磁気テープ・デバイスの名前を指定します。このデバイスは,他のいかなるユーザに対しても割り当てられてはなりません。

修飾子



/DENSITY=密度値

フォーリン・マウントされたテープやラベルの無いテープの書き込み操作の省略時の記録密度を指定します。

指定できる記録密度は次のとおりです。

キーワード 意味
DEFAULT 省略時の密度
800 NRZI 800 BPI
1600 PE 1600 BPI
6250 GRC 6250 BPI
3480 IBM 3480 HPC 39872 BPI
3490E IBM 3480 圧縮
833 DLT TK50: 833 BPI
TK50 DLT TK50: 833 BPI
TK70 DLT TK70: 1250 BPI
6250 RV80 6250 BPI EQUIVALENT
注意: 上記のキーワードは OpenVMS V7.2 よりも前の TMSCP/TUDRIVER コードでのみ有効です。この他のキーワードは Alpha および Integrity システムでのみサポートされます。
TK85 DLT Tx85: 10625 BPI - Cmpt III - Alpha/Integrity のみ
TK86 DLT Tx86: 10626 BPI - Cmpt III - Alpha/Integrity のみ
TK87 DLT Tx87: 62500 BPI - Cmpt III - Alpha/Integrity のみ
TK88 DLT Tx88: (Quantum 4000) - Cmpt IV - Alpha/Integrity のみ
TK89 DLT Tx89: (Quantum 7000) - Cmpt IV - Alpha/Integrity のみ
QIC すべての QIC デバイスはデバイス設定のみ - Alpha/Integrity のみ
8200 Exa-Byte 8200 - Alpha/Integrity のみ
8500 Exa-Byte 8500 - Alpha/Integrity のみ
DDS1 Digital Data Storage 1 - 2G - Alpha/Integrity のみ
DDS2 Digital Data Storage 2 - 4G - Alpha/Integrity のみ
DDS3 Digital Data Storage 3 - 8-10G - Alpha/Integrity のみ
DDS4 Digital Data Storage 4 - Alpha/Integrity のみ
AIT1 Sony Advanced Intelligent Tape 1 - Alpha/Integrity のみ
AIT2 Sony Advanced Intelligent Tape 2 - Alpha/Integrity のみ
AIT3 Sony Advanced Intelligent Tape 3 - Alpha/Integrity のみ
AIT4 Sony Advanced Intelligent Tape 4 - Alpha/Integrity のみ
DLT8000 DLT 8000 - Alpha/Integrity のみ
8900 Exabyte 8900 - Alpha/Integrity のみ
SDLT SuperDLT - Alpha/Integrity のみ
SDLT320 SuperDLT320 - Alpha/Integrity のみ

テープ密度キーワードは短縮することはできません。

/END_OF_FILE

現在のテープ位置に EOF を書き込みます。

/FAST_SKIP=オプション

PHY_IO特権が必要です。

ファイル・マークあるいはレコードでのスキップを可能にします。

  注意
このテープ位置修飾子は,ローカルな SCSI テープ・デバイスのみで使用できます。

PER_IO (省略時の設定) ローカル MK デバイスで,ファイル・マークでのスキップ機能を使用できるようにします。テープ・デバイスは,SCSI READ POSITION コマンドを使用することができ,データの終端でのブランク・チェックを通知することができなければなりません。 IO$M_ALLOWFAST 機能修飾キーが IO$_SKIPFILE とともに適用されなければなりません。そうでない場合は,レコードによるスキップ機能を使用してファイルをスキップします。
ALWAYS ローカル MK デバイスで,ファイル・マークでのスキップ機能を使用できるようにします。テープ・デバイスは,ファイル・マークでのスキップ機能をサポートすることができなければならず, IO$_SKIPFILE 機能に対する修飾キーは必要ありません。
NEVER ローカル MK デバイスで,レコードでのスキップ機能だけを使用できるようにします。レコードでのスキップによるスキップ・セマンティックに依存したユーティリティを使用している場合は, BACKUP あるいは COPY に対して前方の位置付けを使用させるため,このオプションを使用する必要があります。



/LOG

/NOLOG

ログを表示します。

/LOGSOFT (省略時の設定)

/NOLOGSOFT

デバイスのソフトエラーを記録するかどうかを指定します。ソフトエラーとは,ソフトウェアの介入なしにハードウェア単体によって修正されたエラーです。この修飾子は TU78 等のハードウェアエラー修正機能を持ったデバイスに対してのみ使用できます。他のデバイスに対して指定した場合は無視されます。

/MEDIA_FORMAT=[NO]COMPACTION

TA90E テープ・デバイスに対してデータ圧縮とレコードブロッキングを行うかどうか指定します。行う場合は,1 テープ(カートリッジ)に格納可能なデータ量が増えます。

圧縮するか/しないかは,1 テープ(カートリッジ)全体でどちらか一方になります。

/RETENSION

TZK10 テープカートリッジの巻きとり巻き戻しを行います。テープ上のデータ維持のため,定期的にこの操作を行うことをおすすめします。

/RETENSION 修飾子は,/REWIND または /UNLOAD とともに指定しなければなりません。 /REWIND または /UNLOAD 操作の前に /RETENSION 操作が実行されます。テープをアンロードしない場合は /RETENSION/REWIND を,テープをアンロードする場合は /RETENSION/UNLOAD を,それぞれ使用します。

この修飾子は TZK10 に対してのみ有効です。非 SCSI ドライブに対しては無視されます。

/REWIND

テープを巻き戻します。

/SKIP=オプション

次のオプションにより,位置を決めます。

BLOCK: n 指定ブロック数スキップ
END_OF_TAPE EOT マークに位置付ける
FILES: n 指定テープマーク数スキップ (非ファイル)

テープはちょうど n 番目のテープマークを過ぎた所に位置付けられます。 n が負の場合でも同じで,テープマークの直前ではありません。既にテープマークの直後に位置付いていた場合, n に -1 を指定してもテープ位置は変わりません。 (テープは直前のマークの先頭に位置付いた後またテープマークの直後に戻ります。詳細は『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。)

RECORD: n 最大 32767 までの指定レコード数スキップ



/UNLOAD

テープを巻き戻しアンロードします。

#1
$ MOUNT MTB1:/FOREIGN
$ SET MAGTAPE MTB1: /DENSITY=800
 

デバイス MTB1: にテープをフォーリン・マウントし,記録密度を 800 BPIに設定しています。

#2
$ MOUNT MTA0:/FOREIGN
$ SET MAGTAPE MTA0:/SKIP=FILES:4
 

デバイス MTA0: にテープをフォーリン・マウントし, 4 つのファイルをスキップしています。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項