日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



指定されたイメージ・ファイルの現在の属性を変更します。このコマンドを使用すると,OpenVMS Integrity Linker が特定のイメージ属性に対して設定した初期値を変更することができます。

  注意
このコマンドは,Alpha システムと Integrity システムで実行可能ですが,操作できるのは Integrity のイメージだけです。


形式

SET IMAGE イメージ・ファイル指定


パラメータ



イメージ・ファイル指定

変更対象の OpenVMS Integrity イメージ・ファイルの名前を指定します。このコマンドでは,現在のイメージ・ファイルに上書きし,新しいバージョンのイメージ・ファイルは作成しません。

/RESTORE 修飾子を指定する場合は,ファイル指定の中でアスタリスク (*) とパーセント記号 (%) のワイルドカード文字が使用できます。ファイル・タイプの拡張子を省略した場合は,省略時のファイル・タイプ .EXE が使用されます。


修飾子



/FLAGS=(キーワード[,...])

どのイメージ属性フラグをオンまたはオフにするかを指定します。元のフラグは,リンク時に OpenVMS Integrity Linker が設定したものです。指定可能なキーワードとその簡単な説明を以下に示します。イメージ・リンク・フラグについての詳細は,『HP OpenVMS Version 8.2 リリース・ノート [翻訳版]』を参照してください。

  警告
イメージの内部仕様に詳しくない場合には,注意してフラグの値を変更してください。

キーワード 説明
[NO]CALL_DEBUG 起動時にデバッガを呼び出す。
[NO]DBG_IN_DSF デバッグ・シンボル・ファイル内にデバッグ・レコードがある。
[NO]DBG_IN_IMG イメージ・ファイル内にデバッグ・レコードがある。
[NO]EXE_INIT イメージは EXE$INITIALIZE へのポインタを持っている。
[NO]IMGSTA SYS$IMGSTA を呼び出す。
[NO]INITIALIZE イメージは LIB$INITIALIZE へのポインタを持っている。
[NO]MAIN イメージは main への転送アドレスを持っている。
[NO]MKTHREADS 複数のカーネル・スレッドの使用を有効にする。
[NO]NOP0BUFS RMS イメージ入出力用の P0 バッファがない。
[NO]P0IMAGE イメージは P0 空間だけにロードされる。
[NO]SIGNATURES TIE シグネチャがある。
[NO]TBK_IN_DSF デバッグ・シンボル・ファイル内にトレースバック・レコードがある。
[NO]TBK_IN_IMG イメージ・ファイル内にトレースバック・レコードがある。
[NO]UPCALLS ユーザ・スレッドのアップコールが有効。



/LOG

イメージが正しく変更されたかどうかを示すメッセージを出力デバイスに表示します。

/RESTORE

ファイルの元のイメージ属性を復元します。つまり,OpenVMS Integrity Linkerが設定した初期属性となります。 /RESTORE を使用する場合は,修飾子 /FLAGS や /SUCCESS は指定できません。

/SUCCESS

イメージ・リンク完了コードの値を SUCCESS に変更します。イメージの実行時の動作は元のイメージと同じです。

#1
$ SHOW IMAGE WARNING
Show Image Version 1.2                   29-SEP-2004 10:15:52.61
WORK1:[SWEENEY.CLIUTL]WARNING.EXE;1
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file
Image Identification Information
                  Image name: WARNING
    Global Symbol Table name: WARNING
   Image file identification: X-6
  Image build identification: <unavailable>
         Link identification: Linker T02-14
              Link Date/Time: 12-JUN-2004 10:15:16.46
             Patch Date/Time: Never
      Manipulation Date/Time: Never
  Image Dynamic Data Version: 1.2
Image Completion Code Value: WARNING  State: Original
Image Link Flags state: Original
               Image Link Flags
     --------------------------------------------
     CALL_DEBUG      : Call debugger
     IMGSTA          : Call SYS$IMGSTA
     MAIN            : Image has main transfer
     TBK_IN_IMG      : Traceback records in image file
     DBG_IN_IMG      : Debug records in image file
$!
$ SET IMAGE/SUCCESS WARNING.EXE
$ SHOW IMAGE WARNING.EXE
Show Image Version 1.2                       29-SEP-2004 11:41:54.93
WORK1:[SWEENEY.CLIUTL]WARNING.EXE;1
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file
Image Identification Information
                  Image name: WARNING
    Global Symbol Table name: WARNING
   Image file identification: X-6
  Image build identification: <unavailable>
         Link identification: Linker T02-14
              Link Date/Time: 12-JUN-2004 10:02:53.51
             Patch Date/Time: Never
      Manipulation Date/Time: 29-SEP-2004 11:26:31.57
  Image Dynamic Data Version: 1.2
Image Completion Code Value: SUCCESS  State: Manipulated
Image Link Flags state: Original
               Image Link Flags
     --------------------------------------------
     CALL_DEBUG      : Call debugger
     IMGSTA          : Call SYS$IMGSTA
     MAIN            : Image has main transfer
     TBK_IN_IMG      : Traceback records in image file
     DBG_IN_IMG      : Debug records in image file
 

この例では,SET IMAGE/SUCCESS コマンドを使用して,イメージ中のリンク完了コードの値を SUCCESS に変更しています。 2 つ目の SHOW IMAGE コマンドの出力は,リンク完了コードの値が変更されたことを示しています。

#2
$ SHOW IMAGE SYS$SYSTEM:DCE$DCED.EXE
Show Image Version 1.2                       29-SEP-2004 12:40:04.32
SYS$COMMON:[SYSEXE]DCE$DCED.EXE;199
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file
Image Identification Information
                  Image name: DCE$DCED
    Global Symbol Table name: DCE$DCED
   Image file identification: DCE T3.2-040610
  Image build identification: <unavailable>
         Link identification: Linker I01-68
              Link Date/Time: 11-JUN-2004 01:50:11.71
             Patch Date/Time: Never
      Manipulation Date/Time: Never
  Image Dynamic Data Version: 1.1
Image Completion Code Value: SUCCESS  State: Original
Image Link Flags state: Original
               Image Link Flags
     --------------------------------------------
     MAIN            : Image has main transfer
$ SET IMAGE/FLAGS=(MKTH,UPCALL) SYS$SYSTEM:DCE$DCED.EXE
$!
$ SHOW IMAGE SYS$SYSTEM:DCE$DCED.EXE
Show Image Version 1.2                       29-SEP-2004 12:43:34.90
SYS$COMMON:[SYSEXE]DCE$DCED.EXE;1
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file
Image Identification Information
                  Image name: DCE$DCED
    Global Symbol Table name: DCE$DCED
   Image file identification: DCE T3.2-040610
  Image build identification: <unavailable>
         Link identification: Linker I01-68
              Link Date/Time: 11-JUN-2004 01:50:11.71
             Patch Date/Time: Never
         Manipulation Date/Time: 29-SEP-2004 12:43:02.14
  Image Dynamic Data Version: 1.1
Image Link Flags state: Manipulated
     Current Image Flags        Original Link Flags
     -------------------        -------------------
     MKTHREADS                  MAIN
     UPCALLS
     MAIN
     Image Link Flag   Description
     ---------------   -------------------------------------
     MKTHREADS       : Multiple kernel threads enabled
     UPCALLS         : Upcalls enabled
     MAIN            : Image has main transfer

この SET IMAGE コマンドの例では,イメージ SYS$SYSTEM:DCE$DCED.EXE に対して複数のカーネル・スレッドとスレッドのアップコールを有効にする方法を示しています。

#3
$ SHOW IMAGE PATCH.EXE;61
Show Image                               30-SEP-2004 09:06:39.57 
WORK1:[SWEENEY.PATCH]PATCH.EXE;61 
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file 
 
                  Image name: PATCH 
    Global Symbol Table name: PATCH 
              Link Date/Time: 23-SEP-2004 10:22:07.04 
      Manipulation Date/Time: Never 
 
            Link flags state: Original 
 
         Link Flags 
     ------------------ 
     CALL_DEBUG 
     IMGSTA 
     MAIN 
     TBK_IN_IMG 
     DBG_IN_IMG 
$ DEFINE PATCH WORK1:[SWEENEY.PATCH]PATCH.EXE;61
$ PATCH X.LIS
         OpenVMS I64 Debug64 Version 8.2 
 
%DEBUG-I-INITIAL, Language: BLISS, Module: PATMAIN 
 
DBG>Exit 
$ SET IMAGE/FLAGS=NOCALL_DEBUG PATCH.EXE 
$ PATCH X.LIS 
 
 
  OpenVMS PATCH Version 8.2 
 
%PATCH-I-NOGBL, some or all global symbols not accessible 
%PATCH-I-NOLCL, image does not contain local symbols 
PATCH> 

この例では,イメージが起動された時にデバッガが呼び出されないようにイメージを変更する方法を示しています。イメージ PATCH.EXE は,デバッグを有効にしてリンクされていました。 SET IMAGE /FLAGS=NOCALL_DEBUG コマンドにより,イメージを実行するときにデバッガが迂回されるようになります。


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡