日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



TCP/IP 接続を介したリモート・ホストへのログイン,および RLOGIN アプリケーションを使用し,会話型ターミナル・セッションの開始をサポートします。

形式

SET HOST/RLOGIN

  • IPホスト名

  • IPアドレス

  注意
IP ホスト名あるいは IP アドレスのどちらか一方だけを指定できます。


パラメータ



IPホスト名

リモート・ホストの IP ホスト名を指定します。

IPアドレス

リモート・ホストの IP アドレスを指定します。

説明

SET HOST/RLOGIN コマンドを使用すると,ユーザの (ローカル・) システムで動作する RLOGIN クライアント・ソフトウェアを起動して,リモート・ホストにログインできます。端末セッションを開始すると,会話型でリモート・ホストにコマンドを入力できます。リモート・ホストを指定するパラメータは,IP ホスト名または IP アドレスです。

修飾子



/AUTHENTICATE

リモート・ノードへのアクセスのために Kerberos 認証を使用することを指定します。

/TERMINAL_TYPE=タイプ

ターミナル・エミュレータを, 1 つのターミナル・タイプ (VT100, VT200, VT300, VT400, VT500) に設定します。

/TRUNCATE_USERNAME

リモート・ノードに接続を試みる前に,現在のユーザ名を 8 文字に切り捨てるように指定します。この修飾子は,ログイン名のサイズを 8 文字に制限しているシステムと通信する場合に必要です。 /USERNAME が指定されている場合,/TRUNCATE_USERNAME 修飾子は無視されます。

/USERNAME=ユーザ名

リモート・ノードにログインするユーザ名を指定します。 UNIX システムのような大文字と小文字を区別するシステムのために,ユーザ名は二重引用符で囲むことができます。 /USERNAME 修飾子が指定されていない場合は,省略時の設定である,現在のユーザのユーザ名になります。

#1
$ SET HOST/RLOGIN remotehst1

この例では,TCP/IP 接続を介して,リモート・ホスト remotehst1 への RLOGIN 接続を確立します。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項