日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



ターミナルを CI(Computer Interconnect) バスを通して, HSC ディスク / テープ・コントラーラに接続します。

HSC コントローラに対してのみ使用できます。 DIAGNOSE 特権が必要です。


形式

SET HOST/HSC ノード名


パラメータ



ノード名

HSC のノード名を指定します。

説明

SET HOST/HSC コマンドは,CI バス経由で,HSC ディスクおよびテープ制御デバイスへ接続します。SHOW CLUSTER コマンドを実行すると,ノードからアクセスできる HSC コントローラの名前が表示されます。HSC にアクセスするには,パスワードは必要ありません。ただし,HSC の Secure/Enable スイッチが Secure になっている場合は,SHOW コマンドしか受け付けられません。

一度 HSC に接続されると,HSC のローカル端末に接続されているかのように操作できます。ただし,ODT (8 進デバッグ・ツール ) へのアクセス,およびオフライン診断は許可されません。

Ctrl/C を押すと,コマンドを入力する前に HSC からプロンプトが表示されます。 HSC を終了してローカル・システムに戻るには,Ctrl/\ を押します。

HSC コマンドのおよびユーティリティの説明は, HSC のマニュアルを参照してください。

使用のための準備

SET HOST/HSC ファシリティを使用するには,まず CI に付属している,診断ユーティリティ・プロトコル (DUP) ドライバ FYDRIVER をインストールしなければなりません。FYDRIVER をロードするには, SYS$MANAGER ディレクトリにある SYSTARTUP.COM コマンド・プロシージャに,次のコマンドを追加します。

$ RUN SYS$SYSTEM:SYSGEN 
CONNECT FYA0/NOADAPTER 

この操作には,CMKRNL( カーネル・モードに変更 ) 特権が必要です。


修飾子



/LOG[=ファイル指定]

/NOLOG (省略時の設定)

セッション全体のログ・ファイルを保存するかどうかを制御します。 /LOG 修飾子だけを指定し,ファイル指定を省略した場合には,記録情報は HSCPAD.LOG というファイルに記録されます。

#1
$ SET HOST/HSC HSC001
%HSCPAD-I-LOCPROGEXE, Local program executing - type ^\ to exit, ^Y for prompt
HSC>

HSC ノード HSC001 にターミナルを接続します。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項