日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



特定の種類のメッセージがターミナルに表示されることを,許可または禁止します。

形式

SET BROADCAST =(クラス名[,...])


パラメータ



クラス名[,...]

ターミナルに表示を許可,または禁止するメッセージの種類を指定します。クラスを 1 つだけ指定する場合には,括弧を省略できます。クラス名は次のとおりです。

ALL すべての種類のメッセージが許可される。
[NO]DCL Ctrl/T メッセージと,SPAWN/NOTIFY メッセージ。
[NO]GENERAL すべての通常の REPLY メッセージ,または $BRDCST からのメッセージ。
[NO]MAIL メールの通知。
NONE すべての種類のメッセージが禁止される。
[NO]OPCOM OPCOM によって出されるメッセージ。
[NO]PHONE Phone ユーティリティからのメッセージ。
[NO]QUEUE キュー・マネージャから出される,プリント・ジョブまたはバッチ・ジョブについてのメッセージ。
[NO]SHUTDOWN REPLY/SHUTDOWN から出されるメッセージ。
[NO]URGENT REPLY/URGENT から出されるメッセージ。
[NO]USER1 to [NO]USER16 指定されたユーザ・グループ(1 つまたは複数)からのメッセージ。ユーザ・ブロードキャスト・メッセージの設定については,『OpenVMS System Services Reference Manual』の $BRKTHRU システム・サービスの記述を参照してください。


説明

SET BROADCAST コマンドを使用すると,特定の種類のメッセージだけを端末に受信できます。省略時の設定では,すべてのメッセージが端末に受信されます (SET BROADCAST=ALL)。SET BROADCAST=NONE を指定すると,すべてのメッセージが表示 (受信) されません。

SET BROADCAST を使用して一部のメッセージ・クラスを除外すれば ( たとえば, SET BROADCAST=NOPHONE),コマンドを使用してそのクラスを復元することができます ( たとえば,SET BROADCAST=PHONE)。

現在どのメッセージ・クラスが除外されているかを確認するには, SHOW BROADCAST コマンドを使用します。

  注意
SYS$COMMAND は,端末でなければなりません。


#1
$ SET BROADCAST=(NOMAIL, NOPHONE)
   .
   .
   .
$ SET BROADCAST=MAIL

この例では,MAIL および PHONE のブロードキャスト・メッセージを表示しないように設定しています。その後,MAIL のブロードキャスト・メッセージだけを表示するように再設定しています。PHONE のメッセージは,そのまま表示されません。

#2
$ SET BROADCAST=NONE
   .
   .
   .
$ SET BROADCAST=(SHUTDOWN, URGENT, DCL, OPCOM)

この例では,すべてのブロードキャスト・メッセージを表示しないように設定しています。その後,REPLY/SHUTDOWN,REPLY/URGENT,DCL と OPCOM のブロードキャスト・メッセージだけを表示するように再設定しています。 REPLY,PHONE,MAIL,キューとユーザのブロードキャスト・メッセージは,表示されません。


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡