日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



現在の会計情報ファイルを制御します。

OPER (オペレータ) 特権が必要です。


形式

SET ACCOUNTING


説明

システムのノードごとに,現在の会計情報ファイルがあります。このファイルでどのリソースを追跡するかを制御し, SET ACCOUNTING コマンドを使用してこのファイルの新しいバージョンを起動できます。

SET ACCOUNTINGコマンドを実行しても,プロセスによって使用されるリソースが追跡されない場合が2つあります。

  • /NOACCOUNTING 修飾子を指定した RUN (プロセス) コマンドを使用する場合

  • PRC$M_NOACNT 状態フラグをセットした $CREPRC システム・サービスを使用する場合

同様に,SET ACCOUNTING コマンドを実行しても,イメージによって使用されるリソースが常に追跡される場合が1つあります。

  • Install ユーティリティの /ACCOUNTING 修飾子を使用して,イメージをインストールする場合

SET ACCOUNTING コマンドの使用方法についての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。


修飾子



/DISABLE[=(キーワード[,...])]

キーワードで指定されたリソースについて,その会計情報の収集を禁止します。

リソース・タイプを指定するために使用できるキーワードを, 表 DCLII-16 に示します。

表 DCLII-16 リソース・タイプの指定に使用するSET ACCOUNTINGキーワード
キーワード リソース・タイプ
IMAGE イメージで使用されるリソース
LOGIN_FAILURE ログイン失敗時に使用されるリソース
MESSAGE $SNDJBC システム・サービスで会計情報ファイルに書き込まれる非定形のリソース記録
PRINT プリント・ジョブで使用されるリソース
PROCESS プロセスで使用されるリソース

すべてのプロセスやイメージについての会計情報収集を禁止する必要はありません。特定のプロセスや,そのプロセス内で実行されるイメージについて,リソース情報収集を禁止することができます。

プロセス・タイプを指定するために使用できるキーワードを, 表 DCLII-17 に示します。

表 DCLII-17 プロセス型の指定に使用するSET ACCOUNTING キーワード
キーワード プロセス型
BATCH バッチ・プロセス
DETACHED 独立プロセス
INTERACTIVE 会話型プロセス
NETWORK ネットワーク・プロセス
SUBPROCESS サブプロセス(親プロセスは,バッチ,独立,ネットワーク,または会話型プロセス)

すべてのリソースについて会計情報収集を行わないようにシステムが設定された場合, /DISABLE 修飾子は会計情報ファイルをクローズします。

/DISABLE 修飾子にキーワードを指定しなかった場合,会計情報の収集はすべて禁止され,会計情報ファイルはクローズされます。

/ENABLE[=(キーワード[,...])]

指定されたリソースの追跡を可能にし,現在の会計情報ファイルがオープンされていない場合にはオープンします。 /ENABLE修飾子は,/DISABLE修飾子と同じキーワードを使用します。

表 DCLII-16 に示されているキーワードを使用して,ローカル・ノードで現在の会計情報ファイルを追跡したいリソース・タイプを指定します。

プロセスまたはイメージ・タイプが使用するリソースが追跡される場合には, 表 DCLII-17 に示されるキーワードを使用して,指定されたプロセス・タイプのリソース,およびこれらのプロセス・タイプで実行されているイメージを追跡できます。

/ENABLE修飾子を使用する場合にキーワードを省略すると,現在の会計情報ファイルはすべてのリソースを追跡します。

/LOG

現在の SYS$OUTPUT に,コマンド実行情報を出力します。

/NEW_FILE

現在の会計情報ファイルをクローズし,新しいバージョンをオープンします。

新ファイルのファイル名は,システム論理名テーブルに論理名 ACCOUNTING が定義されているかどうかによって決まります。

この論理名が定義されていない場合には,SET ACCOUNTING コマンドは, SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT というファイルをオープンします。

この論理名が定義されている場合には,論理名の示すファイルをオープンします。ディレクトリ名が省略された場合には,SYS$MANAGER: が使用され,ファイル・タイプが省略された場合には,.DAT が使用されます。

/NEW_FILE 修飾子は,新しいファイルへの前方ポインタを含んだレコードを元のファイルの末尾に書き込み,元のファイルへの後方ポインタを含んだレコードを新しいファイルの先頭に書き込みます。これらのレコードは,それぞれ新しいファイルと元のファイルの名前を含んでいます。


#1
$ SET ACCOUNTING /DISABLE /ENABLE=(PROCESS,BATCH,INTERACTIVE)
$ SET ACCOUNTING /ENABLE=IMAGE
 

この例では,すべてのバッチ・プロセスと会話型プロセスでのみ使用されるリソースと,それらの中で実行されるイメージについてのみ,会計情報を収集します。 /ENABLE修飾子,/DISBALE 修飾子,およびSET ACCOUNTINGコマンドを使用した場合の効果を示しています。

/DISABLE 修飾子は,すべてのリソースの情報収集を禁止します。その後で,/ENABLE 修飾子でバッチと会話型プロセスで使用されるリソースの会計情報を収集します。2番目の SET ACCOUNTING コマンドは,イメージで使用されるリソースの会計情報の収集を指定しています。

#2
$ SET ACCOUNTING /NEW_FILE
$ RENAME SYS$MANAGER:ACCOUNTNG.DAT;-1 WEEK_24_RESOURCES.DAT

この例では,現在の会計情報ファイルをクローズし,新しいバージョンを作成します。古い方のファイル名は,WEEK_24_RESOURCES.DATに変更されます。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項