日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



システム・オペレータ端末にメッセージを表示し,オプションとして応答を要求します。すべてのメッセージは,オペレータ・コンソールに表示され,オペレータのログ・ファイルが初期化されている場合はログ・ファイルに記録されます。

このコマンドを使用するには,利用者サイト固有のスタートアップ・コマンド・ファイル SYS$MANAGER:SYSTARTUP.COM 内で, @SYS$SYSTEM:STARTUP OPCOM DCL コマンドを指定することによって,ブート時にオペレータ通信プロセス (OPCOM) を起動しておく必要があります。


形式

REQUEST メッセージ・テキスト


パラメータ



メッセージ・テキスト

表示させるメッセージのテキストを指定します。文字列は最大 128 文字まで指定できます。文字列に空白,特殊文字,あるいは小文字を含む場合は,引用符 (" ") で囲まなければなりません。

説明

REQUEST コマンドを使用してオペレータにメッセージを送信する場合は, /TO 修飾子で指定されるオペレータ端末にメッセージが表示されます。

/REPLY 修飾子を指定した場合,メッセージには識別番号が割り当てられ,オペレータがそのメッセージに応答することができます。システムは次のようなメッセージを表示します。

%OPCOM-S-OPRNOTIF, operator notified, waiting...hh:mm:ss

オペレータがユーザの要求に応答した場合,システムは次のようなメッセージを表示します。

%OPCOM-S-OPREPLY, message text entered by operator

応答を要求した場合,ユーザはオペレータが応答するまでコマンドを入力することができません。 Ctrl/C を押した場合,システムは次のようなメッセージを表示します。

REQUEST - Enter message or cancel with ^Z
REQUEST - Message?

この時点で,別のメッセージを入力することもできますし, Ctrl/Z を押して要求をキャンセルすることもできます。別のメッセージを入力した場合,そのメッセージはオペレータに送信され,ユーザは継続してオペレータからの応答を待たなければなりません。

すべてのメッセージは中央オペレータ・コンソールに表示され,オペレータのログ・ファイルが初期化されている場合はログ・ファイルに記録されます。


修飾子



/REPLY

メッセージに対する応答を要求し,オペレータが応答するための一意的な識別番号を割り当てます。システムはオペレータに通知されたメッセージを表示します。ユーザは,オペレータが応答するまでコマンドを入力することはできません。オペレータが応答する前に Ctrl/C を押すことにより,オペレータに対する別のメッセージを入力することもできますし, Ctrl/Z を押して要求をキャンセルすることもできます。

/TO=(オペレータ[,...])

メッセージを送信したい 1 人あるいは複数のオペレータを指定します。可能なキーワードは次のとおりです。

CARDS カード・リーダ要求に応答する役割のオペレータにメッセージを送信します。
CENTRAL 中央システム・オペレータにメッセージを送信します。
CLUSTER クラスタ関連要求に応答する役割のオペレータにメッセージを送信します。
DEVICES ディスクのマウントおよびディスマウントを行うオペレータにメッセージを送信します。
DISKS ディスク・ボリュームのマウントおよびディスマウントを行うオペレータにメッセージを送信します。
NETWORK ネットワーク・オペレータにメッセージを送信します。
OPER1 〜 OPER12 OPER1 〜 OPER12 で識別されるオペレータにメッセージを送信します。
PRINTER プリント要求を扱う役割のオペレータにメッセージを送信します。
SECURITY セキュリティ関連の要求に応答する役割のオペレータにメッセージを送信します。
TAPES テープ・ボリュームのマウントおよびディスマウントを行う役割のオペレータにメッセージを送信します。


#1
$ PRINT/COPIES=2/QUEUE=LQ_PRINT  REPORT.OUT/FORM=LETTER
  Job REPRT (queue LQA1, entry 401) pending
$ REQUEST/REPLY/TO=PRINTER -
_$"Have queued job 401 as FORM=LETTER;  can you print it?"
%OPCOM-S-OPRNOTIF, operator notified, waiting...10:42:16.10
%OPCOM-S-OPREPLY, AFTER 11:00
 14-DEC-2001 10:25:32.40, request 3 completed by operator OPA0

この例では,特殊な用紙 (/FORM=LETTER) を使用してファイルの複数のコピーを出力するように PRINT コマンドを実行します。ジョブがプリンタにキューイングされた後, REQUEST コマンドによりシステム・オペレータにメッセージを送信します。

オペレータはユーザからの要求を完了した後,ユーザに応答します。

#2
$ REQUEST/REPLY  "Are you there?"
%OPCOM-S-OPRNOTIF, operator notified, waiting...14:54:30.33
[Ctrl/C]
REQUEST-Enter message or cancel request with ^Z
REQUEST-Message?[Ctrl/Z]
%OPCOM-S-OPRNOTIF, operator notified, waiting... 14:59:01.38
%OPCOM-F-RQSTCAN, request was canceled

この例では, REQUEST コマンドによりメッセージを送信し,応答を要求します。問い合わせに対するオペレータからの応答がないため, Ctrl/C を使用して要求を中断し,Ctrl/Z を使用してキャンセルします。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項