日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

F$USER

現在の利用者識別コード (UIC) を,名前形式で戻します。 F$USER 関数では,引数は使用されませんが,括弧は指定しなければなりません。

形式

F$USER()

戻り値


かぎ括弧 ([]) も含めて,現在の利用者識別 (UIC) を含む文字列。 UIC は,[ グループ識別コード,メンバ識別コード ] という形式で戻されます。

引数

なし。

#1
$ UIC = F$USER()
$ SHOW SYMBOL UIC
  UIC = "[GROUP6,JENNIFER]"

この例では,F$USER 関数は現在の利用者識別コードを戻し,その値をUIC というシンボルに割り当てます。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項