日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

F$UNIQUE (Alpha/Integrity のみ)

ファイル名に適した,クラスタ内で必ず固有である文字列を生成します (例は CLOSE/DISPOSITION を参照してください)。

F$UNIQUE 関数には修飾子がありませんが,後に何も含まれていない括弧を添える必要があります。


形式

F$UNIQUE()

戻り値


固有の文字列が含まれている 1 つの文字列。


引数

なし。

#1
$ WRITE SYS$OUTPUT F$UNIQUE()
414853555241159711D7DF797CCF573F
$
$ WRITE SYS$OUTPUT F$UNIQUE()
414853555241509811D7DF797E3F2777
$

この例では,後に続く WRITE コマンドによって固有の文字列が戻される仕組みを示しています。

#2
$ OPEN/WRITE TEMP_FILE 'F$UNIQUE()
$ DIRECTORY
Directory WORK1:[TEST]
594B53554C421C9C11D75463D61F58B7.DAT;1
Total of 1 file.
$                             
$ CLOSE/DISPOSITION=DELETE TEMP_FILE
$ DIRECTORY
%DIRECT-W-NOFILES, no files found
$

最初のコマンドによって一時的ファイルが作成され,そのファイルに固有の名前が与えられ,後に続く DIRECTORY コマンドによって表示されます。後でこのファイルを閉じて削除すると,ディレクトリに表示されなくなります。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項