日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

F$CUNITS

数値を,指定した単位から他の単位へ変換します。

形式

F$CUNITS (数値 [,変換前の単位, 変換後の単位])

戻り値


変換された値を表す数値です。

引数



数値

変換する 32 ビットの数値 (またはそれ以下) を指定します。

変換前の単位

変換前の単位を指定します。最初の引数だけが指定されている場合,このフィールドのデフォルトのオプションは BLOCKS です。このフィールドでサポートされているオプションは, BLOCKS,B,KB,MB,GB,および TB です。

変換後の単位

変換後の単位を指定します。最初の引数だけが指定されている場合,あるいは 2 つ目の引数が BLOCKS の場合,このフィールドのデフォルトのオプションは Bytesで,変換後の結果は適当な数値に丸められます。このフィールドでサポートされているオプションは, BLOCKS,BYTES,B,KB,MB,GB,および TB です。キーワード BYTES は,BLOCKS から BYTES への変換の場合のみサポートされます。

#1
$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS(1024)
512KB  
 
$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS(1024, "BLOCKS")
512KB 
 
$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS(1024, "BLOCKS", "BYTES")
512KB 

上記の例では,1024 ブロックをバイト単位の等価な値に変換し,適切な単位表記で出力しています。結果は 512 KB です。

#2
$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS(1024, "BLOCKS", "B")
524288B 

この例では,1024 ブロックをバイト単位の等価な値に変換し,単位表記の最適化は行わずに出力しています。結果は 524288 バイトです。

#3
$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS (512,"B", "BLOCKS")
1BLOCKS 

この例では,512 バイトをブロック単位の等価な値に変換しています。結果は 1 ブロックです。

#4
$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS (10,"KB","B")
10240B 

この例では,10 KB をバイト単位の等価な値に変換しています。結果は 10240 バイトです。

#5
$  WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS (1024,"MB","GB")
1GB 

この例では,1024 MB を GB 単位の等価な値に変換しています。結果は 1 GB です。

#6
$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS(512, "MB", "BLOCKS")
1048576BLOCKS 

この例では,512 MB をブロック単位の等価な値に変換しています。結果は 1048576 ブロックです。

BLOCKS から BYTES への変換の以外でキーワード BYTES を使用すると, CONFLICT 警告メッセージが表示されます。以下に例を示します。

$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS (512,"BYTES","BLOCKS") 
%DCL-W-CONFLICT, illegal combination of command elements - check documentation 
\BYTES\
$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS (10,"KB","BYTES") 
%DCL-W-CONFLICT, illegal combination of command elements - check documentation 
\BYTES\

使用すべき正しい構文は以下のとおりです。

$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS (512,"B", "BLOCKS") 
1BLOCKS 
$ WRITE SYS$OUTPUT F$CUNITS (10,"KB","B") 
10240B 


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡