日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



INITIALIZE/QUEUE コマンドで作成されたプリント・キューまたはバッチ・キューと,そのキュー内のすべてのジョブを削除します。 /QUEUE 修飾子は省略できません。

キューに対する管理 (M) アクセス権が必要です。


形式

DELETE/QUEUE キュー名[:]


パラメータ



キュー名[:]

削除されるキューの名前を指定します。

説明

キューを削除するには,次の手順に従ってください。

  1. STOP/QUEUE/NEXT コマンドを使用して,指定されたキューを停止します。
    STOP/QUEUE/NEXT コマンドは,すべての実行中のジョブが終了してから,指定されたキューを停止させます。すべての実行中のジョブが終了するまで待ってください。

  2. 指定されたキューの未解決の参照がないことを確認します。
    汎用キューが,指定されたキューをターゲットとする実行キューを参照する場合は,ターゲットとする実行キューのリストから指定されたキューを削除しなければなりません。
    論理キューが,指定されたキューを参照する場合は,論理キューの割り当てを解除しなければなりません。
    指定されたキューが汎用キューである場合,当初汎用キューに入れられ,そのターゲットとするキューにまだ存在しているジョブは,指定されたキューの参照に含まれます。指定されたキューを削除する前に,当初指定されたキューに受け渡され,現在そのターゲットとするキューで実行されているジョブを削除するか,またはこれらのジョブが終了するまで待たなければなりません。

  3. 指定されたキューから別のキューにジョブを移動するには, SET ENTRY/REQUEUE または ASSIGN/MERGE コマンドを使用します。指定されたキューを削除した場合,そのキューに残っているすべてのジョブも削除されます。

  4. DELETE/QUEUEコマンドを入力します。


修飾子



/LOG

/NOLOG (省略時の設定)

指定されたキューが削除されたことを示すメッセージが,表示されるかどうかを制御します。

#1
$ INITIALIZE/QUEUE/DEFAULT=FLAG/START/ON=LPA0 LPA0_QUEUE
   .
   .
   .
$ STOP/QUEUE/NEXT LPA0_QUEUE
$ DELETE/QUEUE LPA0_QUEUE
 

最初のコマンドは,LPA0_QUEUE というプリンタ・キューを初期化し,始動させます。STOP/QUEUE/NEXT コマンドは,キューを停止します。 DELETE/QUEUE コマンドは,キューを削除します。


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡