日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



侵入データベースからエントリを削除します。

CMKRNL(カーネルへのモード変更)と SECURITY 特権が必要です。


形式

DELETE/INTRUSION_RECORD 侵入元


パラメータ



侵入元

ログインしようとするデバイスまたはリモート・システムの名前を指定します。侵入元の名前は,たとえば大文字と小文字を区別したり, DCL の構文規則に抵触したりするなどの,他のオペレーティング・システム・ドメインの形式で表現することができます。そのような場合には,侵入元パラメータは引用符で囲まなければなりません。

説明

侵入データベースからエントリを削除するには, DELETE/INTRUSION_RECORD コマンドを使用します。たとえば,ユーザ HAMMER が期限切れのパスワードを使用して端末 TTA24 に何度もログインしようとすると,SHOW INTRUSION コマンドは次のエントリを表示します。

Intrusion   Type      Count    Expiration    Source
                                                   
TERM_USER   INTRUDER    9      10:29:39.16   TTA24:HAMMER

ログイン失敗の上限に到達しているため,端末はシステムからロックアウトされます。ユーザ HAMMER がシステム管理者に連絡し,ログイン失敗の原因がパスワードの期限切れであることが確認できれば, DELETE/INTRUSION コマンドを使用して侵入データベースからレコードを削除することができます。


修飾子



/NODE=(ノード名[,...])

指定されたノードに関連するノード情報を削除します。指定されたノードがノード情報リストにしかないノードである場合,その侵入レコードも削除されます。

#1
$ DELETE/INTRUSION_RECORD TTC2:
 

この DELETE/INTRUSION_RECORD コマンドは, TTC2 への侵入の試みによって作成されたすべての侵入レコードを削除します。正当なユーザは誰もログインに失敗しないため,ユーザ名は指定されていません。

#2
$ DELETE/INTRUSION_RECORD "AV34C2/LC-2-10":FORGETFUL
 

この例では,侵入元はターミナル・サーバに接続されたローカル・ターミナルです。侵入データベースから記録を削除するには,ターミナル・ポート名を引用符で囲みます。これにより,オペレーティング・システムは,スラッシュ (/) が修飾子ではなく外来の文字であることを認識します。

#3
$ DELETE/INTRUSION_RECORD NODE1::HAMMER

このコマンドは,ノード NODE1 のユーザ HAMMER について生成されたすべての侵入エントリを削除します。

#4
$ DELETE/INTRUSION_RECORD/NODE=(CAPPY,INDI)
$ SHOW INTRUSION
NETWORK      SUSPECT       2  26-JUL-2001 08:51:25.66  BARNEY::HAMMER
    Node: TSAVO      Count:   2

このコマンドは,ノード CAPPY およびノード INDI に関する侵入エントリを削除します。

#5
$ DELETE/INTRUSION_RECORD/NODE=FOOBAR
$ SHOW INTRUSION
NETWORK      SUSPECT       2  26-JUL-2001 08:51:25.66  BARNEY::HAMMER
    Node: TSAVO      Count:   2

このコマンドは,ノード FOOBAR に関する侵入エントリを削除します。

#6
$ DELETE/INTRUSION_RECORD/NODE=TSAVO
$ SHOW INTRUSION
%SHOW-F-NOINTRUDERS, no intrusion records match specification

このコマンドは,ノード TSAVO に関する侵入エントリを削除しようと試みていますが,このノードに関する侵入レコードはありませんでした。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項