日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



以前に DEFINE/FORM コマンドで設定された(プリンタ・キューまたはターミナル・キューの)フォームを削除します。 /FORM 修飾子は省略できません。

OPER(オペレータ)特権が必要です。


形式

DELETE/FORM フォーム名


パラメータ



フォーム名

削除するフォームの名前を指定します。

説明

DELETE/FORM コマンドは,システム・フォーム・テーブルからフォーム定義を削除します。フォームを削除する場合には,フォームでマウントされたキュー内のフォーム,またはそのフォームを要求するジョブでマウントされたキュー内のフォームに対する,未解決の参照があってはいけません。フォームのすべての参照を調べるには,SHOW QUEUE/FULL コマンドを使用します。

フォームの名前または番号を変更するには,フォームを削除して再定義しなければなりません。フォームの名前と番号を変更しない限り,異なる値で DEFINE/FORM コマンドを再入力すると,任意の DEFINE/FORM 修飾子の値を修正することができます。


修飾子



/LOG

/NOLOG (省略時の設定)

各フォームの削除後にその名前を表示するかどうかを制御します。

#1
$ DELETE/FORM CENTER

この DELETE/FORM コマンドは,フォーム CENTER を削除しています。

#2
$ DEFINE/FORM -
_$ /DESCRIPTION="letter size continuous form paper" CFLET 7
   .
   .
   .
$ DELETE/FORM CFLET
$ DEFINE/FORM -
_$ /DESCRIPTION="letter size continuous form paper" LETTER_CONT 7

この DEFINE/FORM コマンドは,8.5 × 11 インチの連続用紙を意味するように,フォーム CFLET を 7 番に定義しています。その後,フォーム名を変更するために,フォーム CFLET を削除してから, LETTER_CONT という新しいフォームを定義しています。


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡