日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



占有しているデバイスを,他のプロセスで使用できるようにします ( ただしそのデバイスに対応付けられている論理名の解除は行いません )。 DEALLOCATE コマンドは,使用中のデバイスは占有を解除しません。

形式

DEALLOCATE デバイス名[:]


パラメータ



デバイス名[:]

占有を解除するデバイスの名前を指定します。ここで指定するデバイス名は,使用中でなければ,物理デバイス名でも論理名でも構いません。物理デバイス名を指定する場合,省略時のコントローラは A,省略時のユニットは 0 です。このパラメータは /ALL 修飾子と同時に指定できません。

修飾子



/ALL

ユーザのプロセスで現在占有しているデバイスのうち,使用中でないすべてのデバイスの占有を解除します。この修飾子は,デバイス名パラメータと同時に指定できません。

#1
$ DEALLOCATE  DMB1:
 

この例の DEALLOCATE コマンドは,コントローラ B の RK06/RK07 デバイスのユニット 1 の占有を解除します。

#2
$ ALLOCATE   MT:   TAPE
%DCL-I-ALLOC, _MTB1:  allocated
   .
   .
   .
$ DEALLOCATE  TAPE:

この例の ALLOCATE コマンドは,すべての磁気テープ・ドライブを占有し,それに論理名 TAPE を割り当てるよう要求しています。ALLOCATE コマンドの応答は,デバイス MTB1 の占有に成功したことを示しています。DEALLOCATE コマンドは,論理名 TAPE を指定してそのテープ・ドライブの占有を解除することを指定しています。

#3
$ DEALLOCATE/ALL

この例の DEALLOCATE コマンドは,占有中のすべてのデバイスの占有を解除します。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項