日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引



1 つのキューからすべてのジョブを削除し,そのジョブを他の既存のキューに登録します。実行中のジョブに対しては影響しません。

両方のキューに対する管理 (M) 権が必要です。


形式

ASSIGN/MERGE ターゲット・キュー[:] ソース・キュー[:]


パラメータ



ターゲット・キュー[:]

ジョブを登録するキューの名前を指定します。

ソース・キュー[:]

ジョブが削除されるキューの名前を指定します。

説明

ASSIGN/MERGEコマンドは,あるキューから待ち状態のジョブを削除して,別のキューに登録します。このコマンドは,ターゲット・キューおよびソース・キュー内の実行中のジョブには影響しません。ソース・キューで現在実行中のジョブは,そのキューで実行を終了します。このコマンドは,バッチ・キューにも使用できますが,一般にプリント・キューに使用します。

ASSIGN/MERGE コマンドは,特にライン・プリンタの動作が不調な場合に便利です。 ASSIGN/MERGE コマンドを入力すると,既存のジョブを別の印刷デバイスに変更できます。ジョブの損失または中断なしにマージ操作を実行するには, STOP/QUEUE/NEXT コマンドでソース・キューを停止させます。次に,STOP/QUEUE/REQUEUE コマンドを入力して,ソース・キューに入っている現在のジョブをターゲット・キューに移動します (STOP/QUEUE/REQUEUE コマンドでジョブを移動できなかった場合は, STOP/QUEUE/RESET コマンドを使用してキューの制御を回復してください)。 STOP コマンドを入力してから,ASSIGN/MERGE コマンドを入力してください。


#1
$ STOP/QUEUE/NEXT LPB0
$ STOP/QUEUE/REQUEUE=LPA0 LPB0
$ ASSIGN/MERGE LPA0 LPB0

この例では,STOP/QUEUE/NEXT コマンドは,キュー LPB0 上で別のジョブが実行されるのを防ぎます。 STOP/QUEUE/REQUEUE コマンドは, LPB0 上で実行中のジョブをキュー LPA0 に登録し直します。 ASSIGN/MERGEコマンドは,LPB0 プリンタ・キューから残りのジョブを削除し,それらを LPA0 プリンタ・キューに登録します。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項