日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ディスプレイ・デバイス上の,ワイド文字列の表示に必要なプリント位置の数を決定します。

形式

#include <wchar.h>

int wcswidth (const wchar_t *pwcs, size_t n);


引数



pwcs

ワイド文字列へのポインタ。

n

文字列の中の文字数の最大値。

説明

wcswidth関数は, pwcs がポイントする文字列の最初の n 文字を表示するために必要なプリント位置の数を返します。文字列に含まれるワイド文字が n 個未満の場合,関数は文字列全体に必要な位置の数を返します。

戻り値

x 必要なプリント位置の数。
0 pwcs は null 文字です。
-1    pwcs がポイントする文字列の中の 1 つ (またはそれ以上) のワイド文字が,プリント可能な文字でないことを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項