日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ワイド文字コードのシーケンスをマルチバイト文字のシーケンスに変換します。

形式

#include <stdlib.h>

size_t wcstombs (char *s, const wchar_t *pwcs, size_t n);


引数



s

結果として得られるマルチバイト文字が格納される配列へのポインタ。

pwcs

ワイド文字コードのシーケンスを含んでいる配列へのポインタ。

n

s がポイントする配列に格納されるバイト数の最大値。

説明

wcstombs関数は, pwcs がポイントする配列の中のマルチバイト文字に対応するコードのシーケンスをマルチバイト文字のシーケンスに変換し,最高 n バイトまで,s がポイントする配列に格納します。返される値は,変換された文字数か,エラーが発生した場合には - 1 です。

この関数は,プログラムの現在のロケールの LC_CTYPE カテゴリの影響を受けます。

s が NULL の場合,この関数呼び出しはカウント操作になり, n は無視されます。

wctombも参照してください。


戻り値

x s に格納されたバイト数。終端の null バイトは含まれません。 s が NULL の場合, wcstombs はマルチバイト文字配列に必要なバイト数を返します。
( size_t ) -1    エラーが発生したことを示します。関数は errno を,無効な文字シーケンス,すなわちワイド文字コードが有効な文字に対応していないことを示す EILSEQ に設定します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項