日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




<varargs.h>または <stdarg.h>セッションを終了します。

形式

#include <stdarg.h> (ANSI C)

#include <varargs.h> (HP C Extension)

void va_end (va_list ap);


引数



ap

引数リストの長さをトラバースするために使用されるオブジェクト。引数 ap は,形式のセクションに示している方法で宣言し,使用する必要があります。

説明

それぞれ va_start... va_endで区切って,引数リストの複数のトラバーサルを実行することができます。 va_end関数は,ap を NULL に設定します。

この関数を使って移植性のあるアプリケーションを作成したい場合には, <varargs.h>ヘッダ・ファイルではなく (ANSI C 標準で定義されている) <stdarg.h>ヘッダ・ファイルをインクルードし, va_end<stdarg.h>に定義されている他のルーチンのみと組み合わせて使用するようにします。

<stdarg.h>の関数と定義を使った引数リストの処理の例については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』例 3-6 を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項