日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ターミナル・スクリーン上の座標 (begin_y,begin_x) に, numlines 行, numcols カラムの新しいサブウィンドウを作成します。

形式

#include <curses.h>

WINDOW *subwin (WINDOW *win, int numlines, int numcols, int begin_y, int begin_x);


引数



win

親ウィンドウへのポインタ。

numlines

サブウィンドウの中の行の数。numlines が 0 ならば,関数はその値を LINES - begin_y に設定します。 LINES x COLS の大きさのサブウィンドウを得るには,次の形式を使用します。

subwin (win, 0, 0, 0, 0) 



numcols

サブウィンドウの中のカラムの数。numcols が 0 ならば,関数はその値を COLS - begin_x に設定します。 LINES x COLS の大きさのサブウィンドウを得るには,次の形式を使用します。

subwin (win, 0, 0, 0, 0) 



begin_y

サブウィンドウを作成するウィンドウ座標。

begin_x

サブウィンドウを作成するウィンドウ座標。

説明

サブウィンドウを作成するとき,begin_ybegin_x はターミナル・スクリーン全体を基準としています。 numlines または numcols が 0 だった場合, subwin関数はサイズをそれぞれ (LINES - begin_y) または (COLS - begin_x) に設定します。

win がポイントするウィンドウは,サブウィンドウの領域全体が収まるだけの大きさでなくてはなりません。どちらかのウィンドウ内で,サブウィンドウの座標内に加えられた変更は,両方のウィンドウに反映されます。


戻り値

ウィンドウ・ポインタ 新しく作成されたサブウィンドウに対応するウィンドウ構造体のインスタンスへのポインタ。
ERR エラーを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項