日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




文字列を分割します。

形式

#include <string.h>

char *strsep (char **stringp, char *delim);

関数バリアント strsep関数は,それぞれ 32 ビットと 64 ビットのポインタ・サイズで使用するための _strsep32_strsep64という名前のバリアントを持っています。ポインタ・サイズ固有の関数の使用方法については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 1.9 節を参照してください。

引数



stringp

文字列へのポインタへのポインタ。

delim

区切り文字として使用する文字を含んでいる文字列へのポインタ。

説明

strsep関数は,stringp の中で, delim に含まれる任意の文字 (または終端の '\0' 文字) の最初のオカレンスを探し,それを '\0' に置き換えます。区切り文字 ( または文字列の終端に達した場合は NULL) の次の文字の位置が stringp 引数に格納されます。 stringp 引数の元の値が返されます。

区切り文字が 2 つ隣接していたときに生じる「空」のフィールドは, stringp 引数に返されたポインタが参照している位置を '\0' と比較することで検出できます。

stringp 引数が初期状態で NULL だった場合, strsepは NULL を返します。


戻り値

x stringp がポイントする文字列のアドレス。
NULL stringp が NULL であることを示します。


次の例は, strsepを使用して,空白で区切られたトークンを含んでいる文字列を解析し,引数のベクトルに格納します。

char **ap, **argv[10], *inputstring; 
 
for (ap = argv; (*ap = strsep(&inputstring, " \t")) != NULL;) 
     if (**ap != '\0') 
         ++ap; 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡