日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




文字列の中で,指定された文字のセットのうちのいずれかのオカレンスを検索します。

形式

#include <string.h>

char *strpbrk (const char *str, const char *charset);

関数バリアント strpbrk関数は,それぞれ 32 ビットと 64 ビットのポインタ・サイズで使用するための _strpbrk32_strpbrk64という名前のバリアントを持っています。ポインタ・サイズ固有の関数の使用方法については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 1.9 節を参照してください。

引数



str

文字列へのポインタ。この文字列が null 文字列だった場合には,0 が返されます。

charset

この関数が探す文字のセットを含んでいる文字列へのポインタ。

説明

strpbrk関数は,文字列の中の文字をスキャンし, charset に含まれている文字を検出した時点で停止し,文字列の中の文字セットに含まれている最初の文字のアドレスを返します。

戻り値

x 文字列の中の,セットに含まれていた最初の文字のアドレス。
NULL セットに含まれている文字がなかったことを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡