日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




sourcemaxchar 個以下の文字を dest にコピーします。

形式

#include <string.h>

char *strncpy (char *dest, const char *source, size_t maxchar);

関数バリアント strncpy関数は,それぞれ 32 ビットと 64 ビットのポインタ・サイズで使用するための _strncpy32_strncpy64という名前のバリアントを持っています。ポインタ・サイズ固有の関数の使用方法については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 1.9 節を参照してください。

引数



dest

デスティネーション文字列へのポインタ。

source

ソース文字列へのポインタ。

maxchar

source から dest にコピーする文字数の上限。 source の終端の null 文字は含みません。

説明

strncpy関数は, sourcemaxchar 個以下の文字を dest にコピーします。source の終端の null 文字は含みません。 source が含んでいる文字が maxchar 個よりも少ない場合, dest には null 文字がパディングされます。 source が含んでいる文字が maxchar 個以上である場合には,可能な限り多くの文字が dest にコピーされます。 strncpyを呼び出した後の dest 引数は,終端に null 文字がない場合があることに注意してください。

戻り値

x dest のアドレス。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項