日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




指定された文字列を複製します。

形式

#include <string.h>

char *strdup (const char *s1);

関数バリアント strdup関数は,それぞれ 32 ビットと 64 ビットのポインタ・サイズで使用するための _strdup32_strdup64という名前のバリアントを持っています。ポインタ・サイズ固有の関数の使用方法については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 1.9 節を参照してください。

引数



s1

複製する文字列。

説明

strdup関数は,s1 がポイントする文字列の正確な複製である文字列へのポインタを返します。新しい文字列のためのスペースの割り当てには malloc関数が使用されます。 strdup関数は,既存のシステムとの互換性のために用意されています。

戻り値

x 結果として得られる文字列へのポインタ。
NULL エラーを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項