日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




特定のシグナルが生成されたときに実行するアクションを指定することができます。

形式

#include <signal.h>

void (*ssignal (int sig, void (*func) (int, ...))) (int, ...);


引数



sig

シグナルに関連付けられた番号またはニーモニック。シグナル値のシンボリック定数は <signal.h>ヘッダ・ファイルに定義されています ( 『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 4 章を参照 )。

func

シグナルが生成されたときに実行するアクション,またはシグナルが生成されたときに実行される関数のアドレス。

説明

ssignal関数は,エラー条件が発生したときの戻り値を除けば, signal関数と等価です。

signal関数は ANSI C 標準によって定義されており, ssignal関数は定義されていないため,移植性を高めるためには signalを使用するようにしてください。

シグナル処理の詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 4.2 節を参照してください。


戻り値

x 以前にシグナルのためのアクションとして設定された関数のアドレス。アドレスとしては値 SIG_DFL (0) または SIG_IGN (1)を使用することができます。
0 エラーを示します。このため,リターン・ステータス 0 が失敗を示すのか,前のアクションが SIG_DFL (0) だったのかを区別することはできません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項