日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




メモリ内の文字列に対して書式付きの出力を行います。

形式

#include <stdio.h>

int sprintf (char *str, const char *format_spec, ...);


引数



str

書式付きの出力を受け取る文字列のアドレス。この文字列は出力を保持できるだけの大きさを持っているものと仮定されます。

format_spec

書式指定を含んでいる文字列へのポインタ。書式指定と変換文字の詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 2 章を参照してください。

...

結果として得られる型が,書式指定で与えられた変換指定に対応する式 (オプション)。

変換指定が与えられなかった場合,出力ソースは省略することができます。そうでない場合は,関数呼び出しは変換指定の数以上の出力ソースを持っていなくてはならず,変換指定は出力ソースの型と一致していなくてはなりません。

変換指定は,左から右の順序で出力ソースと対応づけられます。余分な出力ポインタがある場合には,無視されます。


説明

sprintf関数は,出力の最後にヌル文字 (\0) を付加し, *str から始まる連続したバイト内に置きます。ユーザは,十分な領域を確保しなければなりません。

次の変換指定の例を考えてみましょう。

#include <stdio.h> 
 
main() 
{ 
   int  temp = 4, temp2 = 17; 
   char s[80]; 
 
   sprintf(s, "The answers are %d, and %d.", temp, temp2); 
} 

この例では,文字列 sは次の内容を持ちます。

The answers are 4, and 17. 

書式指定と出力ソースについての詳細は,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 2 章を参照してください。


戻り値

x 出力文字列に格納される文字の数。最後の null 文字は含みません。
負の値 出力エラーが発生したことを示します。関数は errno を設定します。この関数が設定する errno 値のリストについては, fprintf を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡