日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




メモリ内の文字列に対して書式付きの出力を行います。

形式

#include <stdio.h>

int snprintf (char *str, size_t n, const char *format_spec, ...);


引数



str

書式付きの出力を受け取る文字列のアドレス。

n

str が指すバッファのサイズ。

format_spec

書式指定を含んでいる文字列へのポインタ。書式指定と変換文字の詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 2 章を参照してください。

...

結果として得られる型が,書式指定で与えられた変換指定に対応する式 (オプション)。

変換指定がない場合,出力ソースは省略することができます。そうでない場合は,関数呼び出しは変換指定の数以上の出力ソースを持っていなくてはならず,変換指定は出力ソースの型と一致していなくてはなりません。

変換指定は,左から右の順序で出力ソースと対応づけられます。余分な出力ソースがある場合には,無視されます。


説明

snprintf関数は, sprintf関数と同等ですが, str が指すバッファのサイズを指定する n 引数が追加されています。

成功して終了すると snprintfは, n が十分に大きい場合に str に書き込まれるバイトの数 (末尾のヌル・バイトは除く) を返します。

n が 0 の場合は,何も書き込まれませんが, n が十分に大きい場合に書き込まれるバイトの数 (末尾のヌル・バイトは除く) が返されます。この場合,str は NULL ポインタでも構いません。 0 以外の場合,n - 1 番目より後の出力バイトは配列には書き込まれず,破棄されます。そして,実際に配列に書き込まれたバイト列の最後にヌル・バイトが書き込まれます。

出力エラーが検出された場合,負の値が返されます。

書式指定と出力ソースについての詳細は,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 2 章を参照してください。


戻り値

x n が十分に大きい場合に str に書き込まれるバイトの数 (末尾のヌル・バイトを除く) です。
負の値 出力エラーが発生したことを示します。この関数は, errno を設定します。この関数が設定する errno 値のリストについては, fprintf を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡