日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




特定のシグナルのためのハンドラを永久的に割り当てます。

形式

#include <signal.h>

int sigvec (int sigint, struct sigvec *sv, struct sigvec *osv);


引数



sigint

シグナル識別子。

sv

sigvec構造体へのポインタ (説明のセクションを参照)。

osv

osv が NULL でない場合には,シグナルの以前の処理情報が返されます。

説明

sv が NULL でない場合には,ハンドラ・ルーチンへのポインタ,指定されたシグナルを配信するときに使用されるマスク,およびシグナルを代替スタック上で処理するべきかどうかを示すフラグを含んだ構造体のアドレスを指定します。 sv-->onstack の値が 1 である場合,システムはシグナルを sigstackで指定されたシグナル・スタック上のプロセスに配信します。

sigvec関数は,明示的に削除されるかイメージが終了するまで存在を続けるハンドラを設定します。

sigvec構造体は, <signal.h>ヘッダ・ファイルに定義されています。

struct sigvec 
   { 
      int   (*handler)(); 
      int   mask; 
      int   onstack; 
   }; 
 

シグナル処理の詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 4.2 節を参照してください。


戻り値

0 呼び出しが成功したことを示します。
-1    エラーが発生したことを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項