日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




保留中のシグナルを確認します。

形式

#include <signal.h>

int sigpending (sigset_t *set);


引数



set

sigset_t構造体へのポインタ。

説明

sigpending関数は,配信がブロックされ,呼び出し元プロセスに対して保留中になっているシグナルのセットを, set 引数がポイントする位置に格納します。

sigset_t型のオブジェクトを他の用途に使用するためには,この型のオブジェクトに対して sigemptysetまたは sigfillsetの呼び出しを少なくとも 1 回は行わなくてはなりません。この方法でオブジェクトを初期化せずに, sigpending関数への引数を指定した場合の結果は未定義です。

sigemptysetsigfillsetも参照してください。


戻り値

0 成功を示します。
-1    エラーを示します。 errno は次の値に設定されます。

  • SIGSEGV---不正なマスク引数。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡