日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




現在のマスクされたシグナルのセットに mask を割り当て,シグナルを待ちます。

形式

#include <signal.h>

int sigpause (int mask);


引数



mask

ブロックするシグナル。

説明

mask 引数の詳細については, sigblock関数を参照してください。

制御が sigpauseに戻ると,関数は以前のマスクされたシグナルのセットを復元し, errnoを EINTR に設定し,割り込みがあったことを示すために - 1 を返します。値 EINTR は <errno.h>ヘッダ・ファイルに定義されています。


戻り値

-1    割り込みを示します。 errno は EINTR に設定されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項