日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




シグナルが配信されたときに実行するアクションを指定します。

形式

#include <signal.h>

int sigaction (int sig, const struct sigaction *action, struct sigaction *o_action);


引数



sig

アクションに対応するシグナル。

action

sig 引数によって指定されたシグナルの受信時に実行されるアクションを記述する sigaction構造体へのポインタ。

o_action

sigaction構造体へのポインタ。 sigaction関数が呼び出しから返ると,以前に指定されたシグナルにアタッチされていたアクションは,この構造体に格納されます。

説明

プロセスは, sigaction関数によって,指定されたシグナルが配信されたときに実行されるアクションの確認と指定の両方を行うことができます。引数は, sigaction関数の動作を次のように決定します。

  • sig 引数の指定は,影響を受けるシグナルを識別する。 <signal.h>ヘッダ・ファイルに定義されている, SIGKILL 以外の任意のシグナル値を使用することができる。
    sig が SIGCHLD で,SA_NOCLDSTOP フラグが sa_flagsに設定されていない場合には,子プロセスが停止するたびに,呼び出し元プロセスに対して SIGCHLD シグナルが生成される。 sig が SIGCHLD で,SA_NOCLDSTOP フラグが sa_flagsに設定されている場合には, SIGCHLD シグナルはこのような形では生成されない。

  • action 引数の指定は,null でなければ,シグナルの受信時に実行されるアクションを定義する sigaction構造体をポイントする。 action 引数が null ならば,シグナル処理は変更されないので,この呼び出しを使ってシグナルの現在の処理に関する問い合わせを行うことができる。

  • o_action 引数の指定は,null でなければ,指定されたシグナルに以前にアタッチされていたアクションを含んでいる sigaction構造体をポイントする。

sigaction構造体は以下のメンバから構成されています。

  void        (*sa_handler)(int); 
  sigset_t    sa_mask; 
  int         sa_flags; 

sigaction構造体のメンバは,以下のように定義されています。

sa_handler このメンバは,以下の値を含むことができます。

  • SIG_DFL---シグナルの配信時に実行されるデフォルト・アクションを指定する。

  • SIG_IGN---シグナルが受信側プロセスに対して何の効果も持たないことを指定する。

  • 関数ポインタ---シグナルをキャッチするよう要求する。シグナルは関数呼び出しを引き起こす。

sa_mask このメンバは, sa_handler メンバが指定するシグナル・ハンドラ関数の実行中に,プロセス・シグナル・マスクに含まれるシグナルに加えて,個々のシグナルの配信をブロックするように要求することができます。
sa_flags このメンバは,シグナルの配信時に実行されるアクションをさらに細かく制御するフラグを設定することができます。

sigaction構造体の sa_flagsメンバは,以下の値を持ちます。

SA_ONSTACK このビットを設定すると,システムは, sigstack 関数によって指定されたシグナル・スタック上でシグナル・キャッチ関数を実行します。このビットが設定されていなければ,関数はシグナルの配信先のプロセスのスタック上で実行されます。
SA_RESETHAND このビットを設定すると,シグナルは SIG_DFL に再設定されます。 SIGILL と SIGTRAP は自動的には再設定できないことに注意してください。
SA_NODEFER このビットを設定すると,キャッチされたシグナルは自動的にブロックされません。
SA_NOCLDSTOP このビットが設定されており, sig 引数が SIGCHLD に等しいときに,呼び出し元プロセスの子プロセスが停止した場合,SIGCHLD シグナルは,SIGCHLD で SA_NOCLDSTOP が設定されていない場合にのみ呼び出し元プロセスに送信されます。

sigactionによってインストールされたシグナル・キャッチ関数によってシグナルがキャッチされると,新しいシグナル・マスクが計算され,そのシグナル・キャッチ関数の実行中は (または sigprocmaskあるいは sigsuspendが呼び出されるまでは) そのシグナル・マスクがインストールされます。このマスクは,現在のシグナル・マスクと, SA_NODEFER または SA_RESETHAND が設定されていなければ,配信されるシグナルの sa_maskの値のユニオンを計算し,さらに配信されるシグナルを加えることによって作成されます。ユーザのシグナル・ハンドラが正常に返った時点で,元のシグナル・マスクが復元されます。

いったん特定のシグナルに対するアクションがインストールされると,そのアクションは別のアクションが ( sigactionの再度の呼び出しによって ) 明示的に要求されるまで, SA_RESETHAND フラグがハンドラの再設定を引き起こすまで,またはいずれかの exec関数が呼び出されるまでインストールされたままとなります。

指定されたシグナルの以前のアクションが signalによって設定されていた場合, sigactiono_action 引数がポイントする構造体に返されるフィールドの値は定められておらず,特に,o_action-> sa_handlerは必ずしも signalに渡された値と一致しません。ただし,同じ構造体へのポインタ,またはそのコピーが, sigactionaction 引数によってそれ以降の sigactionの呼び出しに渡された場合,シグナルは元の signal呼び出しが繰り返されたかのように処理されます。

sigactionが実行に失敗した場合には,新しいシグナル・ハンドラはインストールされません。

キャッチすることも,無視することもできないシグナルに対するアクションを SIG_DFL に設定しようとしたときに,その試みが無視されるか, errnoが EINVAL に設定されてエラーが返されるかどうかは定められていません。

シグナル処理の詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 4.2 節を参照してください。

  注意
sigvecおよび signal関数は,古い UNIX システムとの互換性のために用意されています。これらの関数の機能は, sigaction関数の機能のサブセットです。

sigvecsignalwaitread,および writeも参照してください。


戻り値

0 成功を示します。
-1    エラーを示します。新しいシグナル・ハンドラはインストールされません。 errno は以下のいずれかの値に設定されます。

  • EFAULT--- action または o_action 引数は,プロセスの割り当てられたアドレス空間の外の位置をポイントしている。

  • EINVAL--- sig 引数は有効なシグナル番号ではない。または,SIGKILL,SIGSTOP,および SIGCONT シグナルの無視,あるいはこれらのシグナルのハンドラの指定が試みられた。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡