日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




セッションを作成し,プロセス・グループ ID を設定します。

形式

#include <unistd.h>

pid_t setsid (void);


説明

setsid関数は,呼び出し元プロセスがプロセス・グループ・リーダでなければ,新しいセッションを作成します。戻ったときには,呼び出し元プロセスは,この新しいセッションのセッション・リーダとなっており,また新しいプロセス・グループのプロセス・グループ・リーダとなっています。制御端末は持っていません。呼び出し元プロセスのプロセス・グループ ID には,呼び出し元プロセスのプロセス ID と同じ値が設定されます。呼び出し元プロセスは,新しいプロセス・グループ内で唯一のプロセスであり,また新しいセッション内で唯一のプロセスです。

setsid関数のプロトタイプが見えるようにするには, __USE_LONG_GID_T 機能マクロを有効にする必要があります。


戻り値

x 呼び出し元プロセスのプロセス・グループ ID です。
(pid_t)-1    エラーを示します。この関数は,次の値を errno に設定します。

  • EPERM -- 呼び出し元プロセスがすでにプロセス・グループ・リーダであるか,呼び出し元プロセス以外のプロセスのプロセス・グループ ID が,呼び出し元プロセスのプロセス ID と一致しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項