日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




プロセスの実効ユーザ ID を設定します。

形式

#include <unistd.h>

int seteuid (uid_t euid);


引数



euid

実効ユーザ ID として設定する値。

説明

プロセスに IMPERSONATE 特権がある場合, seteuid関数は,プロセスの実効ユーザ ID を設定します。

特権のないプロセスは,euid 引数がプロセスの実ユーザ ID,実効ユーザ ID,保存済みユーザ ID のいずれかと同じ場合にのみ,実効ユーザ ID を設定できます。

この関数は, long (32 ビット) UID/GID サポートが有効になっていることを必要とします。詳細は第 1.4.8 項を参照してください。

UIC の表現方法については, getuidも参照してください。


戻り値

0 成功を示します。
-1    エラーを示します。この関数は,次のいずれかの値を errno に設定します。

  • EINVAL -- euid 引数の値が不正,またはサポートされていません。

  • EPERM -- プロセスに IMPERSONATE 特権がなく, euid が実ユーザ ID と保存済みセット・ユーザ ID のどちらとも一致しません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項