日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




条件付でセマフォ・ロックを実行します。

形式

#include <semaphore.h>

int sem_trywait (sem_t *sem);


引数



sem

ロックするセマフォ。

説明

sem_trywait関数は,現在セマフォがロックされていない場合のみセマフォをロックします。セマフォ値がゼロの場合, sem_trywait関数はセマフォをロックせずに処理を戻します。

sem_waitおよび sem_trywait関数は,そのセマフォに関連するリソースが他のプロセスからアクセスされないようにするのに利用できます。 sem_post関数の呼び出しでロックが解除されるまで,セマフォはロックされた状態で維持されます。

プロセスがセマフォにアクセスするのを待つべき場合は、 sem_trywait関数の代わりに sem_wait関数を使用してください。


戻り値

0 正常終了。この関数はセマフォのロック操作を実行します。
- 1 エラーの発生を示します。 errno に次のいずれかの値が設定されます。

  • EAGAIN -- すでにセマフォがロックされており, sem_trywait 操作でロックすることができません。

  • EINVAL -- sem 引数は有効なセマフォを参照していません。

  • EVMSERR -- 変換不可能な OpenVMS エラー


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項