日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




指定した名前付きセマフォの割り当てを解除します。

形式

#include <semaphore.h>

int sem_close (sem_t *sem);


引数



sem

クローズするセマフォ。直前の sem_open呼び出しによって返された sem 引数を使用します。

説明

sem_close関数は,現在のプロセスで使用するために,sem で指定された名前付きセマフォに対して割り当てられているシステム・リソースの割り当てを解除することにより,再利用可能なセマフォを作成します。

セマフォが sem_unlinkの呼び出しで削除されていない場合, sem_closeはセマフォの現在の状態を変更しません。

O_CREAT を伴う最後の sem_open呼び出しの後に sem_unlink呼び出しによりセマフォが削除されると,そのセマフォをオープンしたすべてのプロセスがそれらをクローズすると,クローズしたセマフォはそれ以降使用できなくなります。


戻り値

0 正常終了
- 1 エラーの発生を示します。エラーが発生した場合,この関数は errno に次のいずれかの値を設定します。

  • EINVAL -- sem 引数は有効なセマフォ記述子ではありません。

  • ENOSYS -- この関数は実装されていません。

  • EVMSERR -- 変換不可能な OpenVMS エラー


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項