日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ウィンドウ上で scanfを実行します。 scanw関数は stdscrウィンドウに作用します。

形式

#include <curses.h>

int scanw (char *format_spec, ...);

int wscanw (WINDOW *win, char *format_spec, ...);


引数



win

ウィンドウへのポインタ。

format_spec

書式指定文字列へのポインタ。

...

結果として得られる型が,書式指定で与えられた変換指定に対応するオブジェクトへのポインタであるオプションの式。変換指定が与えられなかった場合,これらの入力ポインタは省略することができます。

そうでない場合は,関数呼び出しは変換指定の数以上の入力ポインタを持っていなくてはならず,変換指定は入力ポインタの型と一致していなくてはなりません。

変換指定は,左から右の順序で入力ソースと照合されます。余分な入力ポインタがある場合には,無視されます。


説明

書式指定 (format_spec) とその他の引数は, scanf関数で使用されるものと同じです。

scanwおよび wscanw関数は,ターミナル・スクリーンからテキスト行を受け付け,書式を設定し,返します。詳細については, scrollokおよび scanf関数を参照してください。


戻り値

OK 成功を示します。
ERR 関数がスクリーンに不正なスクロールを引き起こすか,スキャンが失敗したことを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡