日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




プログラムで使用されていない,値の最も小さい仮想アドレスを決定します。

形式

#include <unistd.h>

void *sbrk (long int incr);


引数



incr

現在のブレーク・アドレスに加えるバイト数。

説明

sbrk関数は,引数によって指定されたバイト数を現在のブレーク・アドレスに加え,以前のブレーク・アドレスを返します。

プログラムが実行されると,ブレーク・アドレスはプログラムおよびデータ・ストレージ領域によって定義される最も高い位置に設定されます。したがって, sbrkは,データ領域が増大するプログラムでしか必要とされません。

sbrk(0)は現在のブレーク・アドレスを返します。


戻り値

x 前のブレーク・アドレス。
( void *)(-1)    プログラムが要求しているメモリが多すぎることを示します。




制限事項

他の C ライブラリの実装とは異なり, HP C RTL メモリ割り当て関数 ( mallocなど) は,プログラム・ヒープ・スペースの管理に brksbrkを使用しません。このため,OpenVMS システムでは, brkまたは sbrkを呼び出すとメモリ割り当てルーチンと干渉することがあります。 brkおよび sbrk関数は互換性のためにのみ用意されています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項