日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




0〜231 - 1 の範囲の擬似乱数を返します。

形式

#include <stdlib.h>

int rand (void);

int rand_r (unsigned int seed); (Integrity, Alpha)


引数



seed

初期シードの値。

説明

rand関数は,少なくとも 232 の周期で, 0 〜 {RAND_MAX} の範囲の擬似乱数整数のシーケンスを算出します。

rand_r関数は, 0 〜 {RAND_MAX} の範囲の擬似乱数整数のシーケンスを算出します。 {RAND_MAX} マクロの値は,少なくとも 32767 です。

seed が指すオブジェクトの初期値が同じ状態で rand_rが呼び出され, rand_rから戻って次に呼び出すまでの間にそのオブジェクトを変更していない場合は,同じシーケンスが生成されます。

srandも参照してください。

他の乱数アルゴリズムについては, randomと,すべての * 48関数を参照してください。


戻り値

n 擬似乱数です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡