日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




オブジェクトの配列をその場でソートします。クイック・ソート・アルゴリズムを実装しています。

形式

#include <stdlib.h>

void qsort (void *base, size_t nmemb, size_t size, int (*compar) (const void *, const void *));

関数バリアント qsort関数は,それぞれ 32 ビットと 64 ビットのポインタ・サイズで使用するための _qsort32_qsort64という名前のバリアントを持っています。ポインタ・サイズ固有の関数の使用方法については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 1.9 節を参照してください。

引数



base

配列の最初のメンバへのポインタ。このポインタは要素へのポインタ型で,文字へのポインタ型にキャストされていなくてはなりません。

nmemb

配列の中のオブジェクトの数。

size

オブジェクトのサイズ (バイト数)。

compar

比較関数へのポインタ。

説明

compar がポイントしている比較関数には,2 つの引数が渡されます。この 2 つの引数は,比較されるオブジェクトをポイントしています。第 1 引数が第 2 引数よりも小さい場合,等しい場合,および大きい場合に,比較関数はそれぞれ 0 よりも小さい整数,0,および 0 よりも大きい整数を返します。

比較関数 compar は,すべてのバイトを比較する必要はないので,オブジェクトには比較する値に加えて任意のデータを格納することができます。

比較の結果,等しいと見なされる 2 つのオブジェクトの出力順序は予測不可能です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項