日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ワイド文字を対応するマルチバイト値に変換し,結果を指定されたファイルに書き込みます。

形式

#include <wchar.h>

wint_t putwc (wint_t wc, FILE *file_ptr);


引数



wc

wint_t型のオブジェクト。

file_ptr

ファイル・ポインタ。

説明

putwcはマクロとして実装されることがあるため,副作用を持つファイル・ポインタ引数 (例: putwc (wc, *f++)) は間違って評価される可能性があります。このような場合には,代わりに fputwc関数を使用してください。

fputwcも参照してください。


戻り値

x ファイルに書き込まれる文字。成功を示します。
WEOF 出力エラーを示します。関数は errno を設定します。この関数が設定する errno 値のリストについては, fputwc を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡