日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




putcマクロは,指定されたファイルに 1 つの文字を書き込みます。

形式

#include <stdio.h>

int putc (int character, FILE *file_ptr);


引数



character

書き込む文字。

file_ptr

出力ストリームへのファイル・ポインタ。

説明

putcマクロは,バイト character を (unsigned char に変換後) file_ptr パラメータで指定された出力に書き込みます。バイトはファイル・ポインタが現在指している位置 (定義されている場合) に書き込まれ,指示子が適切に進められます。ファイルが位置設定要求をサポートしていない場合や,出力ストリームが追加モードでオープンされている場合は,バイトは出力ストリームに追加されます。

putcはマクロなので,副作用を持つファイル・ポインタ引数 ( 例: putc (ch, *f++)) は間違って評価される可能性があります。このような場合には,代わりに fputc関数を使用してください。

__UNIX_PUTC マクロを定義してコンパイルすれば,この関数の高速インライン版を使用して,最適化できます。

putc_unlockedも参照してください。


戻り値

x ファイルに書き込まれた文字。成功を示します。
EOF 出力エラーを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項