日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ローカル時刻構造体を,Epoch からの経過秒数に変換します。

形式

#include <time.h>

time_t mktime (struct tm *timeptr);

関数バリアント _DECC_V4_SOURCE および _VMS_V6_SOURCE 機能テスト・マクロを定義してコンパイルすると,OpenVMS Version 7.0 より前の動作と等価な,ローカル時刻ベースの mktime関数へのエントリ・ポイントが使用可能になります。

引数



timeptr

ローカル時刻構造体へのポインタ。

説明

mktime関数は, timeptr がポイントするローカル時刻構造体 ( struct tm) を, time関数が返す値と同じように, Epoch 後の経過秒数 ( time_t変数) に変換します。

構造体の tm_wday要素と tm_yday要素の元の値は無視され,ほかの要素の元の値も, <time.h>で定義されている範囲には制限されません。正常に完了すると,構造体の tm_wday要素と tm_yday要素が適切に設定され,ほかの要素には指定された時刻を表すように,正常な範囲の値が設定されます。

ローカル時刻をエンコードできない場合, mktimeは値 ( time_t) ( - 1) を返します。

time_t型は <time.h>ヘッダ・ファイルに次のように定義されています。

typedef unsigned long int time_t; 

ローカル・タイム・ゾーン情報は, mktimetzsetを呼び出したかのように設定されます。

timeptr がポイントするローカル時刻構造体の中の tm_isdstフィールドが正の値の場合, mktimeは,初期状態では指定された時刻でサマータイム (DST) が有効になっていると仮定します。

tm_isdstが 0 ならば, mktimeは初期状態では DST が有効でないと仮定します。

tm_isdstが負の値ならば, mktimeは指定された時刻で DST が有効になっているかどうかを判定しようと試みます。


戻り値

x 指定されたカレンダ時刻を, time_t 型の値としてエンコードしたもの。
( time_t )(-1)    ローカル時刻をエンコードできませんでした。

戻り値 ( time_t )( - 1) は, Sun Feb 7 06:28:15 2106 という有効な日付も表現できることに注意してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項