日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




マルチバイト文字のシーケンスを,対応するワイド文字コードのシーケンスに変換します。

形式

#include <stdlib.h>

size_t mbstowcs (wchar_t *pwcs, const char *s, size_t n);


引数



pwcs

結果として得られるワイド文字コードのシーケンスが格納される配列へのポインタ。

s

マルチバイト文字の配列へのポインタ。

n

pwcs がポイントする配列に格納できるワイド文字コードの数の最大値。

説明

mbstowcs関数は, s がポイントする配列内のマルチバイト文字のシーケンスを,コード n 個を上限としてワイド文字コードのシーケンスに変換し, pwcs がポイントする配列に格納します

この関数は,プログラムのカレント・ロケールの LC_CTYPE カテゴリの影響を受けます。コピーが互いにオーバラップするオブジェクト間で行われた場合の動作は未定義です。


戻り値

x 変更される,または必要とされる配列要素の数。末尾のゼロ・コードは含みません。返される値が n の場合には,配列の末尾にはゼロは格納されません。 pwcs が NULL ポインタならば, mbstowcs はワイド文字配列に必要とされる要素の数を返します。
( size_t )-1    エラーが発生したことを示します。関数は errno を,無効な文字が検出されたことを示す EILSEQ に設定します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡