日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




既存のファイルへの新しいリンク (ディレクトリ・エントリ) を作成します。この関数は,ハード・リンク・カウントが有効になっているボリューム上でのみサポートされています。

形式

#include <unistd.h>

link (const char *path1, const char *path2);


引数



path1

既存のファイルを指定するパス名へのポインタ。

path2

作成する新しいディレクトリ・エントリを指定するパス名へのポインタ。

説明

link関数は,既存のファイルのための新しいリンクをアトミックに作成し,ファイルのリンク・カウントを 1 だけインクリメントします。

link関数は,ディレクトリ・ファイルに対して使用することができます。

linkが失敗した場合,リンクは作成されず,ファイルのリンク・カウントは変更されません。


戻り値

0 実行に成功しました。
-1    エラーを示します。この関数は, errno を以下のいずれかの値に設定します。

  • EEXIST -- path2 で指定されたリンクが存在する。

  • EFTYPE -- path1 または path2 にワイルドカードが含まれている。

  • EINVAL -- 片方または両方の引数が,構文的に無効なパス名を指定している。

  • ENAMETOOLONG -- path1 または path2 の長さが PATH_MAX を超えているか,パス名コンポーネントが NAME_MAX を超えている。

  • EXDEV -- path2 によって指定されたリンクと, path1 によって指定されたファイルは,異なるデバイス上に存在している。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項