日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




指定されたソフトウェア・シグナルを生成します。このシグナルは, signalssignalsigvec関数によって設定されたアクション・ルーチンを起動します。

形式

#include <signal.h>

int gsignal (int sig [, int sigcode]);


引数



sig

生成するシグナル。

sigcode

省略可能なシグナル・コード。たとえば,シグナル SIGFPE (算術演算トラップ・シグナル) には 10 種類のコードがあり,各コードは異なる種類の算術演算トラップを表します。

シグナル・コードはニーモニックまたは数字で表現できます。算術演算トラップ・コードは 1〜10 の数字で表現されますが, SIGILL コードは 0〜2 の数字で表現されます。コード値は <signal.h>ヘッダ・ファイルに定義されています。シグナルのニーモニック,コード,対応する OpenVMS 例外の一覧については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』表 4-4 を参照してください。


説明

gsignal関数を呼び出すと,次のいずれかの結果になります。

  • gsignal<signal.h>ヘッダ・ファイルに定義されている範囲外の sig 引数を指定する場合は, gsignalは 0 を返し, errnoを EINVAL に設定します。

  • signalssignalsigvecがシグナルに対して SIG_DFL (デフォルト・アクション) を設定する場合は, gsignalは呼び出し元に戻りません。イメージは終了し,シグナルに対応する OpenVMS エラー・コードが設定されます。

  • signalssignalsigvecがシグナルのアクションとして SIG_IGN (シグナルの無視) を設定した場合は, gsignalはその引数 sig を返します。

  • シグナルに対してアクション・ルーチンを設定するには, signalssignalsigvecのいずれかを使用しなければなりません。その関数が呼び出され,戻り値が gsignalから返されます。

詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 4 章を参照してください。

raisesignalssignalsigvecも参照してください。


戻り値

0 sig 引数が <signal.h> ヘッダ・ファイルに定義されている範囲外であることを示します。 errno が EINVAL に設定されます。
sig SIG_IGN (シグナルの無視) がシグナルのアクションとして設定されていることを示します。
x signal ssignal sigvec がシグナルに対してアクション関数を設定したことを示します。その関数が呼び出され, gsignal から戻り値が返されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項