日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




名前に対応するグループ・データベース・エントリを取得します。

形式

#include <types.h>

#include <grp.h>

struct group *getgrnam (const char *name);


引数



name

グループ・データベース・エントリを取り出すグループのグループ名。

説明

getgrnam関数は,グループ・データベースで name が一致するエントリを検索します。そして,一致したエントリが格納された group構造体へのポインタを返します。

戻り値

x 一致したエントリが格納された,有効な group 構造体へのポインタです。
NULL エラーを示します。

注意: 戻り値は,以後の getgrent getgrgid ,または getgrnam の呼び出しで上書きされる静的領域を指しています。

エラーが発生すると,この関数は, errno に以下のいずれかの値を設定します。

  • EACCES -- ユーザ・プロセスが,ユーザ登録ファイルにアクセスするための適切な特権を持っていません。

  • EIO -- 入出力エラーが発生しました。

  • EINTR -- getgrnam の実行中にシグナルをキャッチしました。

  • EMFILE -- 呼び出し元プロセス内で, OPEN_MAX 個のファイル記述子が現在オープンされています。

  • ENFILE -- 許されている最大個数のファイルが,現在システム内でオープンされています。

エラー状態をチェックするアプリケーションは, getgrnam を呼び出す前に, errno に 0 を設定する必要があります。戻り時に errno が設定されている場合,エラーが発生しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項