日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




POSIX ID が無効に設定されている場合,この関数は getuidと同じであり,ユーザ識別コード (UIC) からメンバ番号 (OpenVMS の用語) を返します。

POSIX ID が有効に設定されている場合は,この関数は実効ユーザ ID を返します。


形式

#include <unistd.h>

uid_t geteuid (void);


説明

geteuid関数は POSIX 形式の識別子 (ID) または UIC ベースの識別子に対して使用できます。

POSIX 形式の ID は, OpenVMS Version 7.3-2 およびそれ以降でサポートされています。

POSIX 形式の ID が無効に設定されている場合 (デフォルト), geteuid関数と getuid関数は同じであり,次に示すように現在の UIC からメンバ番号を返します。

  • _VMS_V6_SOURCE 機能テスト・マクロを設定してコンパイルされたプログラムや, <unistd.h>ヘッダ・ファイルを取り込まないプログラムの場合, getuid関数と geteuid関数は OpenVMS UIC のメンバ番号を返します。たとえば,UIC が [313,31] の場合,メンバ番号 31 が返されます。

  • _VMS_V6_SOURCE 機能テスト・マクロを設定せずにコンパイルされ, <unistd.h>ヘッダ・ファイルを取り込むプログラムの場合は, 8 進表現が 10 進に変換された後,10 進の UIC が返されます。たとえば,UIC が [313, 31] の場合,13303833 が返されます (13303833 = 25 + 203 * 65536; 31(8進)=25(10進); 313(8進)=203(10進) )。

POSIX 形式の ID が有効に設定されている場合, geteuidは呼び出しプロセスの実効ユーザ ID を返し, getuidは呼び出しプロセスの実ユーザ ID を返します。

POSIX 形式の ID を有効または無効にする方法については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 1.6 節を参照してください。

getegidおよび getgidも参照してください。


戻り値

x 実効ユーザ ID (POSIX ID が有効に設定されている場合),または現在の UIC から取り出したメンバ番号または完全な UIC (POSIX ID が無効に設定されている場合)。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項