日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ファイルを指定の長さに切り捨てます。

形式

#include <unistd.h>

int ftruncate (int filedes, off_t length);


引数



filedes

書き込みのためにオープンされているファイルの記述子。

length

ファイルの新しい長さ (バイト数)。 off_tデータ型は 32 ビット整数または 64 ビット整数です。 64 ビット・インタフェースでは, 2 GB 以上のファイル・サイズが認められます。このインタフェースは,次に示すように _LARGEFILE 機能テスト・マクロを定義することにより,コンパイル時に選択できます。

CC/DEFINE=_LARGEFILE 


説明

ftruncate関数は,ファイルを指定された位置で切り捨てます。レコード・ファイルの場合,位置はレコード境界でなければなりません。また,ファイルはローカルの一般ファイルでなければなりません。

切り捨てる前のファイルのサイズが length より大きい場合は,超過するデータは消失します。切り捨てる前のファイルのサイズが length より短い場合は,前の長さと新しい長さの間のバイトは 0 として読み込まれます。


戻り値

0 正常終了を示します。
-1    エラーが発生しました。 errno はエラーを示すように設定されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項