日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ファイルの位置をファイル内の指定されたバイト・オフセットに設定します。この関数は fseekと同じです。

形式

#include <stdio.h>

int fseeko (FILE *file_ptr, off_t offset, int direction);


引数



file_ptr

ファイル・ポインタ。

offset

バイト数で指定したオフセット。 off_tデータ型は 32 ビット整数または 64 ビット整数です。 64 ビット・インタフェースの場合, 2 GB 以上のファイル・サイズが認められます。このインタフェースは,次に示すように _LARGEFILE 機能テスト・マクロを定義することにより,コンパイル時に選択できます。

CC/DEFINE=_LARGEFILE 



direction

新しい位置を計算するために offset が加算される位置を示す整数。新しい位置は,direction が SEEK_SET の場合はファイルの先頭, direction が SEEK_CUR の場合はファイル位置指示子の現在の値, direction が SEEK_END の場合はファイルの終端 (EOF) になります。

説明

fseeko関数は fseek関数と同じですが, offset 引数のデータ型が long intではなく, off_t型である点が異なります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項