日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ファイル・ポインタによって示されるオープンされているファイルを,ファイル指定によって示されるファイルに置き換えます。オープンされているファイルはクローズされます。

形式

#include <stdio.h>

FILE *freopen (const char *file_spec, const char *a_mode, FILE *file_ptr, ...);


引数



file_spec

有効な OpenVMS または UNIX 形式のファイル指定を格納した文字列を指すポインタ。関数呼び出しの後,指定のファイル・ポインタがこのファイルに関連付けられます。

a_mode

アクセス・モード指示子。詳細については, fopen関数を参照してください。

file_ptr

ファイル・ポインタ。

...

省略可能なファイル属性引数。ファイル属性引数は, creat関数で使用される引数と同じです。

説明

freopen関数は通常,定義済みの名前 stdinstdoutstderrのいずれかをファイルに関連付けるために使用されます。これらの定義済みの名前の詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 2 章を参照してください。

戻り値

file_ptr freopen が正常終了した場合は,ファイル・ポインタ。
NULL エラーを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項